Slideshow Image 1 Slideshow Image 2 Slideshow Image 3

日座薬局の漢方とは?

大正末、初代が和漢薬の店を創業。 先代が独自の漢方をあみ出し、北海道から九州まで病で悩める方々が電話相談、御来店いただいております。

「病」とは私達の日頃の生活リズム、毎日の食生活のひずみ、間違いを教えてくれるのです。故に漢方薬を服用する以前の問題点を治さなければ、たとえ良くなったとしてもすぐに悪化してしまいます。 慢性病、皮膚病は特に身体の気•血のバランスを整えてあげると良い効果が出ます。

「病」を治すためには、西洋薬、漢方薬、針灸などございますが、日座薬局の漢方を是非御服用下さい。

東北薬科大学卒業後、漢方専門メーカーで中医学を学び数年後、日座薬局に入社。地域に根ざす漢方薬局、お客様と同じ目線で相談することがモットーとしております。
趣味:大型バイク サッカー ゴルフ

漢方は約5500年前に中国で漢方の基礎が芽生え、今から1700~1800年前(後漢の末期)に『傷寒論』や『金匱要略』と言う書物が著されました。 これらの書物は今日の漢方の最もすぐれた古典で、現在でもその理論は漢方の重要な柱となっています。


その後さらに発展し、金、元の時代には病気の原因、病理、治療を論ずる医学(後世方という)が台頭し、現在の日本の漢方は、古方、後世方の考え方が共存しています。

日本に於いては、1000年以上前に中国から伝わり、江戸時代に特に発展して、日本独特の医学となりました。明治に入り、日本が近代国家として発展する中、医療に於いて西洋医学を学び資格を得た者以外、 医療を行うことを禁じられた為、法的に東洋医学が衰退の道を歩む事になりました。

漢方薬は、簡単に申し上げると、天然物質をそのままの素材として利用しています。最初は一種類の生薬を用いていたが、長い年月をかけて二種類、三種類・・・・と色々の組合せを試み、 より薬効を高め、副作用が現れない様に経験的、かつ臨床的に完成された医学であります。

一般医薬品は、天然物の薬効の根源である化学物質を純粋な形で取り出して用いたり、その物質を基礎として新薬物を合成して、さらに薬効の強いものを用いています。 例として、漢方薬の咳止めで麻黄が含まれている麻杏甘石湯(麻黄、杏仁、甘草、石膏の薬味で構成されている)と云う処方があります。 又、西洋薬の咳止めで麻黄より抽出した塩酸エフェドリンがあり、さらに改良された薬物が用いられます。

待ち合いスペース

ゆっくりと座れる円形ソファを設置しておりますので、 暖かいお茶を飲みながら順番をお待ち下さい。

カウンセリング

ゆっくりと、症状、体質について、お伺い致します。この時、「舌の色」や「舌の形」「舌の苔の状態」を見させて頂きます。舌の苔を取らずに自然な状態で見せていただきます。生活での養生のポイント等についてお話させて頂きますので、30~60分の相談時間をいただいております。お時間に余裕をもって御来店、ご予約下さいませ。

漢方の処方•ご説明

体質、症状に合わせてお客様に合った漢方薬を処方し御作り致します。その際、症状によって、三日分、一週間分、1ヶ月分と、お客様に合わせてお作りする事ができます。服用の仕方などのご説明させて頂きますが、分からない事があれば迷わずご質問下さい。

アフターケア

その後の体調の変化をお聞きしています。お薬を飲んでの体調の変化、気になった事、「飲み方をもう一度確認したい」等、⇒どんな事でも、すぐにご連絡下さい。万全のフォローに努めます。些細な事でもご連絡下さい。

はじめての漢方相談される方は、ご本人様が直接ご来店頂くことをお勧めしております。 まず相談カードにご記入いただき、お客様の訴える症状の他に、顔色、舌の状態、体格、皮膚の状態などを診る事で総合的に判断していきます。 お客様ご記入頂いた相談カードや診断をもとにお客様にあう漢方薬をお出ししますので、初めは時間をかけてお客様の全体像を把握する必要があります。そのため初めてのご相談には、約30分~1時間必要となります。 当店では特に初めての漢方相談の場合、ご予約をいただいてからご来店頂きますようお願いしております。ご面倒をおかけしますが宜しくお願い致します。

UNDER CONSTRUCTION


 
 
 
 
 
 
 

常磐高速南常陸太田出口から車で15分 / 水郡線常陸太田駅からバスで10分

〒310-0005 茨城県常陸太田市栄町2474
営業時間: 午前9時30分〜午後6時
定休日: 毎週木曜日 ※相談要予約
メールアドレス: kanpo-hiza@sunny.ocn.ne.jp


皮膚は内臓の鏡

漢方では皮膚が内臓と密接な関わりがあることから、「皮膚は内臓の鏡」といわれています。つまり、皮膚病の原因は、内臓が弱っていたり、バランスが崩れていたりなどが考えられます。
そのため、漢方薬で、弱った内臓を強くし、バランスを調整し皮膚を強くしていきます。

また、アトピー性皮膚炎やアレルギー性の皮膚炎を起こすような時は、体質に異常があったり、体が化学物質に敏感に反応していること示しているのです。
こうした体質の改善こそ漢方がもっとも得意とする分野です。
漢方薬は免疫を調整し体の中から皮膚病を治します。


今や夫婦十組に一組は不妊症で悩んでると言われ、しかもそれが増える傾向にあります。不妊治療をすれば半年から一年で妊娠する人もいれば長期にわたりなかなか子宝に恵まれないケースも多くあります。

不妊治療の治療期間は、平均で4年6ヶ月にもおよぶようですが、西洋医学に加え漢方治療も大きな成果をあげております。

UNDER CONSTRUCTION